グルジアの首都・トビリシ

4月 8th, 2014

チフリスというのはグルジアの首都・トビリシの旧称なのだそうです。
この町は最古には4世紀にトピリシという名であったという記録が残っています。
ここを流れる川にちなみ、暖かい銀色の源という意味だそうです。

それから1936年まではロシア語由来のチフリスが使われていました。
今日のトビリシの気温は8度です。山に囲まれ、比較的穏やかな気候のこの国も、冬へと向かいます。
カフカース地方には、コイシャウールスカヤという美しい渓谷があります。
飛行機も電車もなく、人々がまだ馬車で移動していた19世紀には、この山のふもとに宿や、居酒屋などがありました。
山を越えるのを手伝うために雇わる人々が客待ちにたむろする場所にもなっていました。

Comments are closed.