自宅やサロンで全身脱毛する方法をやってみました!

3月 24th, 2017

自宅でムダ毛の処理を行う場合、光を使用する家庭用脱毛器を利用します。毛抜き、カミソリ、電気シェーバーやクリームなどは見えている毛の処理はできますが、毛の再生には影響しないため、すぐに元に戻ってしまいます。

自己処理を不要にするには、毛を成長させる毛母細胞を破壊する必要があります。家庭用脱毛器から照射された光は毛根に吸収されて発熱します。この熱が毛母細胞に届き、ダメージを与えて毛の再生力が低下します。光の出力は抑えられていますが、エステで使用される装置と同程度の出力があるため、何度も照射を行うとツルツルの状態になります。

自宅で処理を行う場合、自分のペースでできるので便利ですが、正しい使い方をしないとトラブルの元になるので注意します。光脱毛は皮膚にもダメージを与えるため、短期間に何度も同じ場所に照射を行うと肌荒れややけどを起こす原因になるため、皮膚のダメージを回復させるための期間を空けて処理します。
また、出力の調整は低い方から少しずつ上げます。家庭用脱毛器として販売されているものにサーミコン式と呼ばれるものもありますが、脱毛として利用するには効果が低いです。熱線によって毛を焼切る仕組みですが、毛母細胞まで十分に熱が伝わらないため、毛の再生が続きます。

Comments are closed.